爽やかで一年中楽しめそう!よしの味噌の「広島れもん鍋のもと」

 
広島れもん鍋のもと



この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!

メディ紹介多数の鍋スープ、よしの味噌の「広島レモン鍋のもと」

テレビで紹介されているのを見て興味津々だった、よしの味噌の「広島れもん鍋のもと」。

塩麹とレモンを合わせたさっぱり味で女性に人気とのことで、ヘルシーそうなのも気になるポイントでした。

お出かけ先のお店でたまたま見つけたので、即購入!

広島れもん鍋のもと

パッケージもかわいくしていて、確かに女性ウケ良さそうです。

これひとつ(180g/432円)を水900mlでうすめると、3~4人分の鍋スープになります。

もう暖かくなってお鍋の季節はすでに終了している気がするので、慌てて食べることに。

よしの味噌のHPに推奨レシピが載っているので参考にして、今回は『豚バラと白菜のミルフィーユれもん鍋』のレシピに、豆腐ときのこを足して作ってみました。

広島れもん鍋のもと

豚バラの他にベーコンも入れると書いてあったのですが、私の中にはない発想で、どうなるのかちょっと楽しみ。

ある程度煮込んだら水菜を投入。

広島れもん鍋のもと

水菜がいい感じになったらいただきます!

広島れもん鍋のもと

スープはこんな感じで白濁色、うっすらレモン色。

塩麹の甘みがマイルドにしてくれているようで、あんまり酸っぱくはありません。

塩麹と出汁のまろやかさ+レモンの酸味と爽やかな香りで、わりと和風なお味。

たまに感じるレモンピールのほのかな苦みが、絶妙なアクセントでクセになります。

濃い味ではないので、具材の味がしっかりわかる、素材活かし系。

スープを吸った野菜がおいしい!

お肉も、いつもよりちょっといいお肉にして正解でした。

気になっていたベーコンですが、燻製による香りがスープの酸味と合う~!

さすが公認レシピ、従ってよかったです♪

キュッとくるくらいの酸味を期待する人には、レモンの輪切りを追加すると、見た目もおしゃれで良さそうだな~と思いました。

暑い季節でもいけちゃいそう!お野菜たっぷり、ヘルシーに満腹になろう♪

「広島れもん鍋のもと」、とてもさっぱりしているので、寒い冬じゃなく、春夏でも楽しめそうな爽やかさです。

お野菜が美味しく食べられるお鍋なので、満腹になっても罪悪感はナシ!

女性に人気というのは納得ですが、こってり大好きな旦那でも『うめ~!気に入った!』と、ご満悦でしたよ。

「よしの味噌」のHPによると、シメはラー油を足して酸辣湯風のラーメンがおすすめなようですが、今回は満腹になったので試せませんでした・・・。次回は是非食べてみたい!

また見かけたら買っちゃうと思いますが、ネット通販もしているようなので、恋しくなった時にいつでも買えそうで安心です♪

詳細は、よしの味噌のHP/「広島れもん鍋のもと」のページでご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!
 

Copyright© 大人女子の覚醒マニア , 2018 All Rights Reserved.