大人女子的奈良遠足 その①〜若草山へ〜

 
若草山



この記事を書いている人 - WRITER -
お仕事しながら育児中。 時間に追われる毎日でも、一日一日を大切に過ごしたい。大事に使えるものを少しずつ増やしたい。いつでもユーモアを忘れないようにしたい。そんなのなかなか無理です(笑) でも、そんな日々の中で出会えた、大切に暮らすことを思い出させてくれるような素敵なものをご紹介したいと思います。

若草山へ

友人から「山歩きに行かない?低い山で。」とお誘いがあり、

奈良の若草山がちょうど良いかも、と決めたのが2月。

しかしながら開山時期は3月。

そして2人の予定もなかなか合わず、6月になってようやく行くことができました。

私は初めてではなかったのですが、改めて行き方を調べてみると、、、

あれ?見覚えのない道。。。入山料とかも払った覚えがない。。。

どうやら、私、前回はドライブルートを歩いたよう。

もしかして若草山の楽しさを9割くらい放棄するルートじゃないですか。なんてこと。

 

というわけで、今回は満喫ルートへ出発!

 

近鉄奈良駅に集合。

若草山の入山ゲートまでは観光用の「ぐるっとバス」で向かいました。

若草山麓というバス停もあるのですが、駅からは乗り換えが必要なので、春日大社前で下車。

※途中、東大寺駐車場に停まるのですが、観光バス渋滞が起きていて、歩いた方が早い?というくらい待ちました。

降り場から春日大社の方へ向かって歩いて行くと、若草山への矢印が出てきます。

(自分達が一番どっちだ?と迷ったとこです。でも写真撮り忘れた。バス停降りて、高い方へ進んで下さい。)

 

若草山山麓バス停
矢印の通りに300メートルほど歩くと、このバス停が出てきます。
若草山南ゲート

ここが南側の入山ゲート。

入山料の150円を払ってゲートの中へ。

 

係の方が丁寧に説明してくれます。

「飲み物持ってますか?」まで確認してくれました。

若草山ルートマップ

北ゲートからの登山ルートは日陰が多く、南からのルートは眺めが良いらしいです。

どちらから登っても二重目からのルートは一緒です。

私たちは南のルートを選択。

※ゲートに入ってからでも選べます。

 

正解でした!

少し上がるだけで奈良の街が見渡せるので、何度も振り返りつつ景色を楽しむことで、あまり疲れを感じることなく進めます。

若草山南からのルートこんな階段を。

若草山こんな景色を振り返りながら。

 

若草山一重目からの景色

一重目からの景色。ゲートから約30分かけて上がりました。

かなりゆっくり歩いています。

 

二重目を見上げてみると。

若草山一重目から二重目を見上げる

休憩しようとカバン開けると、おやつ貰えると思った鹿がやってきます。

若草山の鹿
一重目から二重目までは10分ほどで到着。
若草山二重目

一重目にもあったのですが、二重目にも「ポツンとベンチ」ありました。

 

二重目から三重目(山頂)も10分ほどで到着。

若草山三重目

山頂からの景色です。パノラマで撮影している人が多かった(笑)

 

帰りは北側ルートを通りました。

こんな道です。

若草山北側ルート

確かに日陰は多いのですが、登り道は南側よりしんどそう。

真夏の暑いなら助かりますが、私は南側のルートから登る方がお勧めです!

 

若草山は木が少なくて、登る途中でも常に見晴らし良いのが特徴とのことですが、

二重目から三重目への途中には桜の木があったので、その季節には素晴らしいだろうなと思いました。ススキの季節も良いらしいです。

 

若草山

ところで、麓に広がるこの芝生エリアは自由に歩いてOKだそうです。

とはいえ、かなりの角度。一度転がったらきっと止まれない。

 

若草山

立つと脚の裏側伸びて気持ち良いです(^∇^)

奈良県の若草山紹介ページ

http://www.pref.nara.jp/6553.htm

この記事を書いている人 - WRITER -
お仕事しながら育児中。 時間に追われる毎日でも、一日一日を大切に過ごしたい。大事に使えるものを少しずつ増やしたい。いつでもユーモアを忘れないようにしたい。そんなのなかなか無理です(笑) でも、そんな日々の中で出会えた、大切に暮らすことを思い出させてくれるような素敵なものをご紹介したいと思います。
 

Copyright© 大人女子の覚醒マニア , 2019 All Rights Reserved.