東京駅構内で買える!手頃でおしゃれな手土産「プレスバターサンド」

 
プレスバターサンド



この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!

電車に乗る直前に買える!ちょっとおしゃれな新感覚スイーツを手土産に。

東京駅構内はおいしいもの天国!ですが、『東京駅構内で買える』と聞いていたけど、新幹線の改札を通らないとダメでした(泣)ということがよくあります。

今回ご紹介する「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」は、新幹線の改札を通らなくても、在来線に乗るついでに買える、嬉しいお店です。

東京駅へ、丸の内南口改札から入るとすぐ、とってもわかりやすい場所にあります。

東京駅のプレスバターサンド

遠くからでも見つけやすいネオンサイン。

お店の名前も、商品の名前も「プレスバターサンド」です。

ガラス張りになっていて、プレスバターサンドを作っている工程が見られるようになっています。

東京駅のプレスバターサンド

平日の朝10時前、5、6人の方が並んでいましたが、すでに箱詰めされているものを買うので、お店の方の手際もよく、列はさくさくと進んでいきました。

商品メニューは3種類で、6個入り(1,020円)と10個入り(1,700円)、「焼きたてバターサンド」としてバラ売りのものを一つ170円で購入することもできます。

今回購入したのは10個入り。おしゃれな箱に入っています。

プレスバターサンド

さらに個包装されているので、ばらまき土産としても贈りやすいです。

プレスバターサンド

シンプルに洗練されたデザインで、お味への期待がムクムク!

プレスバターサンド

プレスバターサンドは真四角で、想像以上に固い感触、そして分厚い!

プレスバターサンド

「バターサンド」と聞くと、北海道土産で有名な六花亭の「マルセイバターサンド」を想起する方も多いと思いますが、「プレスバターサンド」は全くの別物です。

「マルセイバターサンド」も大大大好きですが、「バターサンド」ということが同じなだけで、「プレスバターサンド」は全く別の美味しさですよ!

新感覚!バターサンドなのにあっさり!?

「プレスバターサンド」の中は、フレッシュバターのクリームと、バターキャラメルの2層構造になっています。

プレスバターサンド

はさみ焼きでプレスされたクッキー生地はザックザクでサックサク。歯ざわり最高!

クッキー生地の甘さはほとんどなく、香ばしい風味と食感が、サンドされたクリームを活かしきっています。

バタークリームはふわっとなめらかで軽い口当たり。まろやかな風味でフレッシュ感があります。

最後まで残るのはトロっとしているバターキャラメルの香ばしさとほのかな甘み。

トータルバランスが良くて、甘味というより風味を楽しむ、新感覚のスイーツでした。

実店舗は東京のみ(2017年12月現在)。東京土産としても使えそう!

この「PRESS BUTTER SAND」、実店舗は東京駅、池袋駅、東京ソラマチの3店舗のみ(2017年12月現在)なので、帰省時の東京土産としても使えそうです。

高すぎず、お手頃価格なのも嬉しいですが、比較的軽く、個包装された焼き菓子なので、持ち運びに気を遣わなくていいという点も魅力的です。

緑茶や玄米茶にも合いそうなスイーツなので、気軽にみんなでワイワイ食べられそうです。

PRESS BUTTER SANDのHPはこちら!

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!
 

Copyright© 大人女子の覚醒マニア , 2017 All Rights Reserved.