大阪駅「デ トゥット パンデュース」のパンで移動中も幸せ。(大阪/梅田)

 
デ トゥット パンデュース 大阪店



この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!

本町の名店「パンデュース」が大阪駅のエキマルシェに進出していたとは知らなかった!

高速バスで移動するため、大阪駅のエキマルシェ大阪にて車中でのランチを物色中、たまたまみつけたパン屋さん「デ トゥット パンデュース」大阪店。

デ トゥット パンデュース 大阪店

ん?パンデュース!?

本町で人気を集めるあの名店「パンデュース」の支店なのかっ!?

いつのまにこんなところに!知らなかった!!めっちゃ嬉しい!!

と、テンション高く店内に。

(あとから調べてみると、けっこう前からあったのですね・・・。)

大阪駅だからなのか、大荷物を持っていても入りやすいゆったりとした造りの店内は、たくさんのパンがずらっと並んで、なんともいい景色です。

デ トゥット パンデュース 大阪店

商品はほとんどが小ぶりで200円くらいからと、サイズのわりにはお高めですが、高品質に違いないので納得です。

でも種類が多くて、選ぶのが大変!

食感のバリエーションを考えて3品を購入しました。

小ぶりなので一人でも数種類食べられる幸せ。

平日のお昼ちょっと前でしたが混雑はしておらず、買い物しやすかったです。

うきうきとバスに乗り込み、動き出したと同時に待ちきれず早速いただきます!

まずはサックリ系代表、定番クロワッサン。

パンデュースのクロワッサン

バスの中にサクッ!と音が響き渡り、ちょっと焦るほどのパリパリ感。

中は生地がわりとしっかりつまっていて、咀嚼の楽しみもあり、噛めば噛むほどバターの香りがふわんと広がります。

好きなタイプのクロワッサン。うーん、さすが「パンデュース」!

バスの中で食べるのに、クロワッサンは難易度高い?と悩みましたが、気をつけて食べたのでボロボロこぼさずにすみました。ホッ。

二つ目は、ふっくら代表ドライトマトとモッツアレラのフォカッチャ。

パンデュースのフォカッチャ

フォカッチャの生地はもっちりフワフワで、お昼ごはんに最適な食べ応え。

水分多めでジューシーなドライトマトと、あっさりしたモッツアレラチーズの組み合わせは定番とも言える安定のおいしさ。

惣菜系のパンは具の素材とバランスでかなり差が出ますが、素材選びにこだわっていると見え、さすがにうまい。

3つ目はデザート替わりに白あんとくるみのあんパン。

パンデュースのあんぱん

ふつうのあんパンもおいしそうだったのですが、白あんのあんパンは出会うチャンスが少ないので飛びついちゃいました。

柔らかいけどフォカッチャよりはしっかりめの生地に、絶妙な甘さの白あんがぎっしり詰まっていました。

あんは、お豆のほくほく感がありつつも滑らかで、めっちゃうまいやん!と感動。

細かめに砕いたクルミもたくさん混ぜ込まれていて、ポリポリ食感と香ばしさが、白あんと引き立て合っていて、もう言うことなしです。

何より、土台となるパン生地がミルクの香りと優しい甘みが広がり、餡との調和が素晴らしい~!

これは好きすぎる。次回も購入決定です。

満腹になりましたが、お腹がすいていたし、小ぶりだし、美味しいしで、あとひとつくらい食べられたな・・・と思っちゃいました。

こちらの店舗は《上質な普段着》というコンセプトらしいのですが、ぴったりな表現だなと思いました。

移動中のバスの中、こんなにハッピーなお食事タイムが過ごせるとは、「パンデュース」さまさまです。

新大阪のエキマルシェにもお店があるみたいなので、新幹線のおともにもできそうで嬉しいです♪

 

パンデュースのHPはこちら→ http://painduce.com/

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!
 

Copyright© 大人女子の覚醒マニア , 2018 All Rights Reserved.