2017/11/23

「パンのトラ」NEOPASA岡崎店限定【三州三河みりん食パン】はどんな味?(愛知県/岡崎市)

 
パンのトラの三州三河みりん食パン



この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!

新東名高速道路のサービスエリアNEOPASA岡崎内に、ギネス達成の経歴を持つ「スペイン窯 パンのトラ」の店舗限定高級食パンが!

出かけ先の旦那から、『今、岡崎のSAです。三河みりん食パン、1本、1800円也!・・・気になるね。』との連絡が。

三河みりん食パン!? 一本1800円!?

確かに気になる・・・と、ネットで検索してみると、「スペイン窯 パンのトラ」というお店の商品だということがわかりました。

なんでも、【パンのトラ】という、店名と同じ名前の食パンで「24時間で最も販売した焼きたての食パン」というギネス記録を達成したことがあるという、愛知県内で数店舗を展開する「行列のできるパン屋さん」である模様。

旦那も悩んだ様子ですが、『人気のパン屋さんみたいだよ』と伝えると、お土産に買ってきてくれました!

後から知ったのですが、この三州三河みりん食パンは、このNEOPASA岡崎店限定の商品だそうで、食パンに必要な糖分をすべて「三州三河みりん」に置き換えたことで、奥行きのある甘みを生み出したということです。

リーフレットによると、「三州三河みりん」とは、三河地方に古くから伝わる伝統製法によって作られる、「もち米のリキュール」のような逸品。

三州三河みりん食パンは、そんな「三州三河みりん」を造り続けている明治43年創業の「株式会社角屋文治郎商店」との共同開発商品だそうです。

ずっしりとした重量感と、独特の甘い香り。食べる前から個性爆発!

持ち帰ってくれたパンを袋から出すと、かすかにみりんを感じる甘~い香りがしました。

「パンのトラ」の三州三河みりん食パン

サイズは小さめタイプのサイズですが、重みがすごい!ずっしりです。

みりんの効果なのかはわかりませんが、焼き色濃い目でおいしそう~。

まだ食べる前ですが、すでにかなりのオリジナリティを感じます。

さぁ、切ってみましょう!

パンのトラの三州三河みりん食パン

見た目では、きめ細かいというよりは、空気たっぷりでふわっと感を重視したかのような生地。

内側の生地のさわり心地は超しっとり!!です。

耳の様子から、トーストした方が美味しそうとは思いますが、まずは生で食べてみました。

手で割くと、もっちり度が半端ない!

一口食べてびっくり、見た目通りしっとりふんわり柔らかですが、まるで米粉パンのようなもちもち感で、弾力がすごい。

確かに、これできめ細かな生地だったら餅みたいになっちゃうかも。ってくらいの弾力です。

そして噛めば噛むほど甘みが・・・まさに「奥行のある甘み」。これがみりんパワーか!

甘み、香りは深みがあってしっかりしているのに、後味はさっぱりの「和」な食パンです。

ただ、もっちり生地だからこそだと思うのですが、生のままだと耳の部分(特に上部のふくらんだ部分)が噛み切りにくくて、やはりトーストしたほうがおいしそう。

・・・ということでトーストしてみると、甘味も香りももちもち感も、全てがレベルアップ!

耳の部分もサックサクになって食感が良く、とても食べやすくなりました。

生地自体にみりんの深い甘みがあるので、ジャムは必要なし。むしろ無い方が、このパンの風味を堪能できると思います。

何もつけず、そのまま、ゆっくりじっくり噛んで食べるのが最高!

バターやマーガリンだけつけても、「和」なさっぱり感に「洋」なこってり感が足されて美味でした。

こだわりが詰まった一本は話題性十分。お土産にいいかも!

「三州三河みりん食パン」という名前にまず『ん!?』となる、話題性十分なこの食パン。

個性だけじゃなく、こだわり伝統製法の「三州三河みりん」と、ギネス記録達成の食パンのコラボレーションというキャッチフレーズに負けない、本気を感じる仕上がり。

お高いのも納得ですが、やはり平均的な一般家庭での普段使いにはきびしいお値段・・・。

いろいろ考えると、次に購入するのはパン好きなご家庭へのお土産にする時かな~と思います。(そして自分も食べさせてもらうのだ!)

サービスエリア限定商品というのも、そういう意図があってのことかもしれませんね。

是非、「パンのトラ」さんの【パンのトラ】も食べてみたいです!

(2011年11月購入)

 

「スペイン窯 パンのトラ」のホームページはこちら。

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きが高じて移住を繰り返し、 富士山の麓に落ち着いた大阪出身の貪欲女子。 日常の中の小さな幸せから、 非日常の特別な体験まで、 楽しい! おいしい!! これいい!!! を追い求め、西へ東へ走ります!
 

Copyright© 大人女子の覚醒マニア , 2017 All Rights Reserved.